スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- | スポンサー広告
もう少し近づきたい

大嫌いな数学の授業

あまりの眠たさに目が落ちそう

そんな刹那、勢いよく転がってきた

斜め後ろの彼のペン

ドキりとしたのもつかの間で

素早く拾い上げ、目も見ずに返す

嗚呼、それだけ良かったのに

彼の役に立てた、その気持ちだけで良かったのに

「サンキュ」

瞬時に言ってくれたその言葉が

今も耳から離れない

まるで幻のように脳に流れて消えてゆく

ありがとうでもなく、

ゴメンでもなく、

その言葉が妙に彼らしくて

心臓の音がうるさかった

これが彼との初めての接触

なのに初めてじゃないような

そんな彼の態度が涙が出るほど嬉しかったんだ

(嗚呼、また君を)
(好きになってしまった)
スポンサーサイト
2008-05-30 23:04 | 日記 | Comment(0) | Trackback(0)
Comment
コメントを書く
#

管理者にだけ表示
Trackback
Trackbak URL:http://lunq69m00n.blog118.fc2.com/tb.php/139-62b1dac7
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--